Skip to content

戦争への悪夢

新聞を開けると目に飛び込んできたかつじの医療さん意味が震えてしまいました
武器屋弾薬戦闘実弾射撃などの活字に戦争への悪夢を本当に思い起こした人が、少なくないと思います
私も本当に小さい頃から戦争だけはいけない
戦争のとんでもない恐ろしさというの教えられてきたので、本当に恐ろしくて仕方がありませんでした
共産党の議員が3日に問いただした国会質問を伝える活字に、日本が進むようとしている佐々木の姿が見え隠れして、私も本当にそっとしてしまいました
今の安倍政権が進めている軍事への執念をきっちりと勉強していかなければならないと思いました
そして共産党の存在は国民を守る砦になっていると実感しています
共産党が頑張らなければこの国はまた戦争へと突き進んでしまう
そして民進党社民党生活の党も頑張らなければ
この国や頭が頑張らなければ予想の戦争政策が本当に本当のこのなってしまう
今私には本当に今何ができるかそれは一生懸命勉強をして、そして敵の思う壺にならないように自分を本当に励ましていくことです