Skip to content

キャバ嬢

パパの一番大切なお友達のセキセイインコちゃんがなくなってしまいました 突然なくなってしまいました お友達は本当に 心の底からあたりまえですけれども ショックを受けて お仕事をすることが出来ません お友達はキャバクラで働いています 僕のパパも キャバクラに前通っていました キャバクラにかぎらず 水商売は本当にお客様第一です ものすごく泥酔して どれだけ くだをまいたとしても 特に田舎であればあるほど そうですね お客様を むりやり返すわけにはいきません パパは仙台でキャバクラに行きました そのときつくづく感じていたのですが キャバクラで働いているキャバ嬢は いつも笑顔で どんなに嫌な事を言われても いつも笑顔で生きなければなりません それがまとまらないとキャバ嬢やっていけません それからお酒も飲まないければなりません それから お話も盛り上げなければなりません パパのお友達は精神疾患を持っています パパは前 学校の先生をしていたので 瀬戸さんの前とかの先生の名前とかでは暗い顔できませんでした 学校に行く前に 本当に暗い暗い気持ちでした 今お友達が どんなにどんなに苦しんでいる歌 自分のことのように感じています お友達は 障害年金をもらっていないので どうしても働かなければなりません